バリスタの資格を取得【お客に信頼されるバリスタ】

最新記事一覧

料理関係の学科

野菜を切る人

様々な実技を学べます

将来、調理師となって活躍したい場合は高校では食品関係の学科に進学することを推奨します。なぜなら専門分野の学科に進学をすると、授業で食材の基本知識や料理技術をしっかりと学べるからです。また同級生にも同じ調理師を目指す学生が集まりやすいために、切磋琢磨して努力ができる環境です。調理師を目指すためには、高校の料理実技の授業で料理の基本だけではなく、食中毒を防止するための衛生知識をしっかりと学びましょう。このような衛生知識は、将来料理人として独立して店を持った時に役立ちます。また高校によっては和食専門コースや製菓専門コースに分かれる場合があります。さらに調理の専門学科は一般的に実技が多いために、出席要件が普通科よりも厳しい傾向があります。そのため普段から規則正しい生活を心がけましょう。さらに地方の高校では、地元の商店街との合同企画で、お祭りなどで自分で作った料理をお客に提供する機会があります。このような経験を得ることによって、調理師免許を取得するモチベーションになります。また実習地は地元の飲食店だけではなく給食センターに配置される場合もあります。給食センターの実技は、一度に大量の食材を作るために、事前の野菜刻みなどの準備が大切になります。中華料理を志望した場合は、フライパンの扱い方や火力の強弱の基礎を学びます。また多くの高校では、中華料理と洋食を同時に学ぶ事が可能です。調理専門の高校は就職率が高いのが特徴です。

Copyright© 2018 バリスタの資格を取得【お客に信頼されるバリスタ】 All Rights Reserved.