バリスタの資格を取得【お客に信頼されるバリスタ】

最新記事一覧

コーヒーに関係するスキル

男性

客観的な実力を示せます

バリスタは、海外では古くから知られた職業です。ここ数年で、日本においてもその存在が広く認知されるようになりました。バリスタには、民間機関が提供する認定資格があります。バリスタの資格が人気の理由は、コーヒーを淹れる技術はもちろん、一定のサービスレベルを示せることです。本人が持っているスキルを客観的に評価できるゆえ、第三者に実力を示す指標になります。日本のバリスタの資格は、2つあります。1つめは、コーヒーマイスターです。これは、コーヒーマイスター養成講座を受講すれば得られます。エスプレッソの淹れ方、ドリップやサイフォンなどを、筆記と実技で試験します。2つめは、JBAバリスタライセンスです。難易度別に1級から3級に分かれており、3級は、接客も採点大きなポイントになります。そのほか、各コーヒーメーカが提供している認定資格も存在します。それは、講習を受ければ修了書を受け取れる仕組みです。これらの資格は、カフェ関連の職業のみならず、シェフやパティシエがステップアップや勉強として取得を目指す場合もあります。それてによって、自己スキルの向上と、本業で新たなアイデアが生まれるきっかけになります。もちろん、趣味としてバリスタの資格を求める人も大勢います。また、コーヒー全般に関係する資格として、コーヒーコーディネーターやコーヒーインストラクターがあります。これらは、コーヒーの淹れ方のほか、相性の良い食べ物の知識も得られます。

Copyright© 2018 バリスタの資格を取得【お客に信頼されるバリスタ】 All Rights Reserved.