バリスタの資格を取得【お客に信頼されるバリスタ】

最新記事一覧

女性

料理が好きなら目指したい

調理師を目指して専門学校に入学する際は、まず習いたい料理のジャンルを絞り込みましょう。専門学校では調理の基礎基本を教えてもらえるだけでなく、プロとして自立するために就職をサポートしてもらえます。入学前に講師の質や専門学校の就職実績を調べると良いでしょう。

女性

飲食のプロを目指すなら

高校にも様々な種類がありますが、飲食関係への道に進みたい場合は調理科のある学校も検討したいところです。こうした学校を選ぶメリットとしては料理を基本から学べることはもちろん、卒業と同時に調理師免許が取得できることがあげられます。

男性

コーヒーに関係するスキル

バリスタの資格は、実力を示す指標として人気があります。これは、バリスタの腕を客観的に評価する指標の一つとなります。日本には、2種類の資格があります。それは、コーヒーマイスターとJBAバリスタライセンスです。いずれも、筆記と実技で試験を行います。

PICK UP

女性

料理が好きなら目指したい

調理師を目指して専門学校に入学する際は、まず習いたい料理のジャンルを絞り込みましょう。専門学校では調理の基礎基本を教えてもらえるだけでなく、プロとして自立するために就職をサポートしてもらえます。入学前に講師の質や専門学校の就職実績を調べると良いでしょう。

女性

飲食のプロを目指すなら

高校にも様々な種類がありますが、飲食関係への道に進みたい場合は調理科のある学校も検討したいところです。こうした学校を選ぶメリットとしては料理を基本から学べることはもちろん、卒業と同時に調理師免許が取得できることがあげられます。

プロをあらわすライセンス

カップ

取得するための必要条件

コーヒーのプロフェッショナルを目指す人のためにある「バリスタライセンス」という資格があります。バリスタライセンスとはどういった資格なのかといいますと、レベルが1から3までありライセンス試験に合格することで取得できます。レベル1の場合はバリスタに関する基礎知識・技術を持ち、エスプレッソを一定的な水準で抽出できるかどうかが試されます。レベル2は機械やミルク、水にすいての知識を持ち、エスプレッソの抽出について高度な知識や技術を持っているかどうかが試されます。レベル3となればテイスティングや接客スキルも要され、バリスタの知識や技術もしっかり持っているかどうかが試されます。バリスタライセンスの資格を獲得するためには、認定スクールに通って受講することが受験資格となっています。そして資格取得も、レベル1から始めることが必要です。認定スクールのみに通って勉強し、資格取得を目指す人もいますが、もし資格を取得し本格的にバリスタを志すのであれば、ある程度の経験をつんで勉強することでスキルアップもしやすくなります。ある程度の経験はどのように行うのかといいますと、カフェでアルバイトで働くことでも経験になりますし、コーヒー教室を開いているカフェやスクールに足を運ぶのもちょっとした経験になることもあります。コーヒーは単純な要でなかなか置くが深いものであり、バリスタライセンスは意外にも簡単に取得できるような資格ではないかもしれませんが、取得することができればお客に信頼されるバリスタになって活動することができます。

野菜

学校での学習

調理師の専門学校では、和食や洋食など分野によりコースが分かれている場合が多い。また、調理全般に関わる知識などに付いては共通教科として学べるようになっている。その他、実際のレストランなどで実技学習できる学校もある。

野菜を切る人

料理関係の学科

調理師を目指す場合は、高校で食品関係の学科に進学をすると、食材の基本や調理実技について学べます。またこのような専門学科は出席日数が厳守されるために、しっかりと学びましょう。就職についても有利となります。

Copyright© 2018 バリスタの資格を取得【お客に信頼されるバリスタ】 All Rights Reserved.